Vtuberなりたいおじさんの雑記ブログ。

ヨコヤマという名前です。岡山県在住。職なし、貯金なしが書いてます。アルコール依存症治療中。でも飲みの誘いにはホイホイついていきます。

自分でボードゲーム作りたい! ゲーム案を考えてみた。

スポンサーリンク

たまに人と遊ぶって言ったら飲み会かボードゲームなので、いいかげん僕もボードゲーム作れるんじゃないかな? って思いだした。

 

しかしいざ考えてみると「これアレとおんなじじゃない?」「複雑過ぎて伝えられん・・」「作業量が膨大すぎる」って心折れそうになっている。

 

ゲームマーケットに出している人とかどうやってるんだろう? とりあえずブログネタとしてネタを書いてみる。

 

「いっせーのせ! で指を出すやつ。指スマ。追加ルール」

 

地元では「いっせーのっせ!」で通ってたけど、どうやら地域毎、それどころか学校ごとに言い方が違うらしい。「指スマ」という言い方でも出てきたので、これで表記すればいいか。

 

まず最初にカードを一枚めくる。これが今回の場の追加ルール。誰か一人が抜けるまでそのまま。

 

ルール案

・右の親指を上げた場合、その数字は「2」となる。このゲーム中、正解したと思って指を減らし(右の親指を2と扱わなかった等)、実際の数と違った場合は自分の手番を一回飛ばされる。

 

・自分の手番で宣言した数字が正解でも、その数字に自分を含めたプレイヤー(生き残っている)の数を足した数を言わなければならない。これは手番でないプレイヤーも宣言することができる。手番プレイヤーが一番早く宣言した場合は指を一本減らし、手番でないプレイヤーが早かった場合は指を減らすことはできない(周りのプレイヤーは指を減らすことはできない)。

 

・手番でない時、指を上げる際に小指を上げることができる。手番プレイヤーが正解していた場合、自分も親指を減らすことができる。ただし正解でなかった場合は小指を上げたプレイヤーの手番は一回飛ばされ、自分の手番が回ってくるまで小指を上げることもできなくなる。

 

全員に適用するルールがわかりやすいかと考えました。あとは隣のプレイヤーにアクションするカードとか、一発逆転要素がほしい。

 

「ユーチューバーになろう!」

商品紹介のゲーム。まずはじめに、自分のチャンネル名を決める(これはカードで作ったほうが良いかも)。「お菓子大好きチャンネル」「バイクチャンネル」「北方領土返還チャンネル」とか。

「○○に役立つ」「こんな季節にぴったり」「今話題の」という枕を宣言したあとに、一枚お題カードをめくる。
そして出たお題カードを枕とチャンネル名に沿って紹介する。お題カードは全部微妙な商品が描かれている。サドルとか、黒板消し掃除するやつとか、パンを閉めるやつとか。

ただし商品名は書いていない。プレイヤーがわからなければ適当に商品名をつけて紹介するしか無い。

 

「私の世界の見方」みたいに絶妙なお題カードをいっぱい作らなきゃいけない。あのゲーム、天才すぎるからハードル高い。


私の世界の見方/Urs Hostettler作
 

 

思てたんと違う!!


お題を一人が見て、周りのプレイヤーにジェスチャーで当てさせるゲーム。喋ってはいけない。

ただし、ランダムに配られたジェスチャーカードのジェスチャーをしなければならない。周りのプレイヤーにジェスチャーカードの内容を当てられたら負け。

お題を分かってもらいたい、と、ジェスチャーカードを当てさせてはダメ、というジレンマ。ジェスチャーする側はカードを誤魔化すため色々なジェスチャーをせざるを得ないが、お題も当てさせなければならない。

 

周りのプレイヤーも喋っちゃダメにしようかな。せーの、で一斉に答える。じゃないと周りのプレイヤーのリアクションに頷いたり、マルを作ったりできるし。

 

とにもかくにも、一緒に考える知人がほしい。

一人で考えててもどツボにはまるし、作業量に絶望するし。ただ書き出したらイケるような気もしてきた。これが勘違いなのかどうか話し合いたいわー。

ゲームマーケット目標に頑張ってみようかな。それよりも身内だけで発表したほうがいいのか・・・。悩む。