ヨコトグブログ

マンガのレビューやゲームの攻略、たまに料理の記事を上げてます。Vtuberになりたくてしょうがないおじさん。Twitterやってるのでフォローしてくれたら嬉しいです。

『あせとせっけん(1)』[山田金鉄]感想レビュー 大人通しの甘酸っぱい恋愛! 匂いフェチと汗っかきは理想の組み合わせ!?

スポンサーリンク

 


あせとせっけん(1) (モーニング KC)
 

 

あらすじ

 

女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤めるOL・八重島麻子(やえしまあさこ)は、重度の汗っかきなのがコンプレックス。デオドラント製品が手放せない生活の中、ある日、商品開発部の名取香太郎(なとりこうたろう)に、「君の体臭は素晴らしい! 新商品の石鹸開発のため、これから毎日、君のにおいを嗅ぎに来ます!」と言われてしまう。でも、においを嗅がれるのは、そんなに嫌でもなくて…。 

Amazonより引用

 

感想

 

名取さんいい男だなオイっ!!

失礼、声が大きかったです。どうも、ヨコヤマです。

 

あせとせっけん、読みましたか? この作品、あらすじを見ると汗っかきの麻子さんに迫る変態の名取さんって感じですけど(実際第一話の最初の方はそうですが・・・)、

 

実際の名取さんがいい人&有能すぎ! 麻子さんが「私なんかで釣り合うのかな・・・?」って悩むぐらいの好人物。理想の上司ランキングを今年は名取さんがとるんじゃないかってぐらい。

 

イケメンだし、仕事もできて、同僚ともいい関係で、そんでもって麻子さんの変化や悩みにも気づく。おいおい、理想かよ・・・。

 

しかもその二人の関係性が、甘酸っぺー!!

 

社会人の大人二人の恋愛です。割と早々にそういう関係になります。それでも抜けきらない初々しさ! 麻子さんが初めてっていうのもあるかもしれませんが、(恐らく)恋愛したことがある名取さんも麻子さんに引きずられてかリアクションがかわいい。

 

ベッドでは確かに名取さんが上なんですが、麻子さんが悩んだりしている時は、それに負けず劣らずオロオロしてる。大人の余裕なんて無しです。でも、麻子さんのことを考えて行動してる。おいおい、理想かよ・・・。

 

しかも、名取さんは絶対的な嗅覚を持っていて、それは麻子さんの体臭を嗅ぐと今どんな感情か分かるほどの能力。これのおかげで、麻子さんが誤魔化していること、自分の感情に嘘をついてることも分かります。

 

だから、麻子さんが苦しんでたりしたら名取さんは察します。そして、そんな麻子さんを受け止めてくれたり、自分が悪いと思ったら謝る。できるだけ二人にとっていい関係を築こうと頑張ってくれる。恋人として、これ以上に誠実な姿を見たことありません。おいおい、理想かよ・・・。

 

あと、何が良いって名取さんが麻子さんを求め続けていること。見てる方からすると安心感がある。麻子さんが名取さん以外になびくビジョンも見えないし、名取さんが麻子さんを不幸にするビジョンも見えない。僕の好きな優しい世界です(名取さんのことを多分好きな同僚が出てきちゃましたが)。

 

余談ですが、こういう作品多くなったと思いません? 登場人物の中に誰も悪いやつがいない作品。僕は好きなんですが、ストレスとかプレッシャーが少ない作品が嫌いな人もいるんだろうな。スプラッターとか、男女のドロドロとかが好きな人には、もしかしたら「あせとせっけん」は刺激が少ないかも。

 

でも、そういった腹黒い展開とか、憎み憎まれとかが苦手な人は「あせとせっけん」オススメです! 

 

以上、読んでいただきありがとうございました! 

またよろしくおねがいします。

 
あせとせっけん(1) (モーニングコミックス)