Vtuberなりたいおじさんの雑記ブログ。

ヨコヤマという名前です。岡山県在住。職なし、貯金なしが書いてます。アルコール依存症治療中。でも飲みの誘いにはホイホイついていきます。

【料理】初めてオーブン料理をしたい人に。耐熱皿を買うならまずは「円形」

スポンサーリンク

どうも、ヨコヤマです。

最近家にレンジにオーブン機能があるのに気づきまして、

「オーブン料理できるやんけ!」

と喜びました。

それでオーブンを使っていくうちに気づいたことを書いておきたいと思います。

 

 

耐熱皿は「円形」がいい

オーブンに適したお皿と言ったら耐熱皿です。

文字通り「熱に耐えられる皿」ということで直接火にかけるオーブン料理なんかで使用されます。

この耐熱皿、

「グラタンのお皿っぽい」

「陶器だから大丈夫でしょ」

って感じで選んでませんか?

耐熱皿は形や素材ではわかりません。

大丈夫だろう、って使っていると突然ヒビが入ったり割れたりすることも!

なので先入観で決めつけず、まず購入する前に耐熱皿かどうか、そしてどういった用途に使えるか確認しておくのをオススメします。

レンジはOKでオーブンはNGなんて詐欺っぽい皿もあるのでお気をつけを。


KINTO (キントー) ラウンドディッシュ バルキッチン 22733
 

 

そんで最初に購入する耐熱皿の形なんですが「円形」をオススメします。

特に大きい耐熱皿。いっぱい焼いて家族でとりわけるような料理を作るようなお皿は「円形」が良いです。

何でかって言うと、「円形」以外だとレンジに入り切らないことがあるからです。

一般的なサイズのレンジを購入してたら大丈夫だと思いますが、一人暮らしで小さめのレンジを使っているとか、一昔前のレンジを使っている場合それほど内容量が大きくない場合があります。

そんなものに「角型」で売られてる耐熱皿を「レンジのサイズぴったり!」と思って買っても、

「あれ・・・入んない・・・」

って悲しいことになるかもしれません。

思ってるよりも「角型」とかの対角線は長いのでご注意を!!

自分も一度この失敗をしてしまいました。

お店の食器コーナーで「この四角の耐熱皿大きいしちょうどじゃん!!」って買ったら、角がつっかえて入らない・・・。

欲張って大きい耐熱皿を買ったのも敗因です・・・。

その時後悔しました。

「円形だったら入ったのに・・・!」

なので、初めて大きい耐熱皿を買うときは「円形」をオススメします。

 

敷くと楽になる「オーブンシート」

あとオーブン料理を始めて思ったのが、

「焦げ付きがめんどくさい」

料理の焦げ目はあんなに嬉しいのに、何でお皿にこびりついた焦げ目はあんなに憎らしいんでしょう。

だから何かいい方法ないかなーって調べたところ、一ついい方法がありました。

それは耐熱皿にオーブンシートを敷いてから焼いちゃうことです。

オーブンシートってもうそれオーブン用のもんだから当たり前ですかね。

でも自分的にはオーブンシートってクッキー焼く時に下に敷くやつ、ぐらいのイメージしかなかったので、お皿を洗う手間を省くために使うのは目からウロコでした。

使い方はそのまんま、オーブンシートをお皿に敷いてから食材を入れて焼いちゃうだけ。

これだけでお皿へのこびりつかなくなって、焦げ付きを取ったりする手間が省けます。

「片付け面倒だからオーブンで料理したくないなー」って人はお試しください。

 


JUSLIN クッキングシート オーブンシート テフロン 加工 耐熱 耐油 耐久 水洗い可能 繰り返し使える 3枚 40*60cm シリカゲルプラシ 1本付き
 

 

それでも焦げついちゃったら「重曹」

オーブンシートを使ったら楽なのは分かった。でもオーブンシートを使うのが面倒なんだ! という人のために。

オーブンでそのまんま焼いたら焦げがこびりつくのは当然です。

では焦げをどうしたら楽に取れるのか。

それは「重曹」です。

耐熱皿に重奏をふりかけて水を張り、オーブンで数分温めます(熱湯を注いでもOK)。

その後冷めてからこすると、焦げが簡単に落とせます。

オーブンシートは使わん!という方は、この洗い方を知っていると楽になるかもしれません。


パックス重曹F 2kg
 

 

ただし注意点として、アルミ製の耐熱皿には重曹は使えません。

なのでスチールたわしとかで力づくでゴシゴシするしかありません。がんばりましょう!


オーエ プレミアム ステンレス たわし シルバー ジャンボ のびにくい二重構造 型崩れしにくい 鉄製フライパン 汚れ 焦げ付きに
 

 

まとめ

  1. 耐熱皿は「円形」を買ったら、レンジとのサイズが合わないということがないのでオススメ
  2. 「オーブンシート」を敷いてから焼けば洗う手間がなくなって楽ちん。
  3. 調理後の焦げ付きは「重曹」+熱湯で落ちる。

 

以上です! この記事が皆さんのお役に立つことを祈っています。

ヨコヤマでした。

またよろしくおねがいします。