ヨコトグブログ

マンガのレビューやゲームの攻略、たまに料理の記事を上げてます。Vtuberになりたくてしょうがないおじさん。Twitterやってるのでフォローしてくれたら嬉しいです。

『教科書でおぼえた名詩』感想レビュー うっかり酔っ払って読むと泣きそうになる。

スポンサーリンク


教科書でおぼえた名詩
 

 時間もあるし、ということで図書館で借りて読んでみたところ、無性にいい!

 感覚で、昔より情景が浮かぶし、意味がつかみやすい気がする。でもこれ、自分に知識がついたというより、昔ほど言葉の意味とかに頓着せず、自分の経験とかをフィードバックして補いつつ読んでるのかも。

 つまり、本当の意味を掴んではないのかも。昔はそれが怖くて「ちゃんと読まなきゃ!」と疲れてたけど、今はそこに重きを置かない。いいなと思っても特に調べないし、あんまりだなと思ったらすぐ飛ばす。

 読めれる本は限られてるんだから、いいと思うものをできるだけ読んでいきたい。もう、全部を読み切るのは諦めた。

 こう思うまで27年かかった。

 

 以下、いいなと思った詩。

 

・レモン哀歌 せめて安らかに

・雨ニモマケズ

・永訣の朝  上と同様、人間の善が見える。

・一個の人間 武者小路っぽい

・竹(萩原朔太郎) 上→下→広がり の変化

・小景異情(その二) 帰ったら幻滅するしね

・雪(三好達治) 叙述トリックぽくてハッとした

・歌(中野重治) ロック!!

・山のあなた 昔から好き。「三月七日」っていうラノベきっかけ。

 

 特に「歌」がいい。クソロックな歌詞。ラノベとか小説のプロローグそのままでもいい感じ。

 詩も楽しめるのが分かって自分の中が広がった感じがする。また読むものが増えちゃったってしんどさも感じる。

 まだまだ無職期間を楽しみたい。