ヨコトグブログ

マンガのレビューやゲームの攻略、たまに料理の記事を上げてます。Vtuberになりたくてしょうがないおじさん。Twitterやってるのでフォローしてくれたら嬉しいです。

『NとS(1)』[金田一蓮十郎]感想レビュー 金田一蓮十郎作品の中では一番可愛い二人かも!

スポンサーリンク


NとS(1) (デザートコミックス)

 

あらすじ

木下新菜はある日、バイト先のカフェの常連客だった小田朔に珈琲を褒められたのをきっかけに恋に落ちてしまう。2人は少しずつ親しくなっていき、晴れて恋人同士に。初めてできた彼氏に幸せいっぱいな新菜だけど、高2の春、小田さんが担任として目の前に現れちゃって……!!? 先生と生徒、はなれてもくっついちゃう引力ラブコメ開幕!

amazonより引用

 

金田一蓮十郎先生と言えば現在連載中の「ラララ」やドラマ化も決まった「ゆうべはお楽しみでしたね」もありますが、今作は「ライアー×ライアー」に続く少女漫画枠というか、実に実に少女漫画! という感じの男女すれ違い系作品です。

 

前作の「ライアー×ライアー」が別人物と偽って弟(イケメン)を更生させようとする、正体秘匿系ハラハララブコメだったのに対し、今作の「NとS」は少し要素は被ってますが全然違う印象です。

 

まず、正体は早々にお互い分かります。主人公の女の子の新菜さんは新任教師が彼氏の小田さんだってすぐ分かるし、教師と生徒の関係はマズイってことで自分が生徒だと告白します。この時点で一回関係は終了。お互いにこれからは教師と生徒の関係で行きましょうと話し合います。

 

けどこれがもう切なくて、関係が終わったことはお互い納得してるはずなのに心のとこでは好き同士な訳で・・・。ここで嫉妬が出たりふててみたりがどうしても出ちゃうし・・・。もう「早く幸せになってくれ・・・!!」ってページの中に入って応援したい気持ちでいっぱいになっちゃいます。

 

そして自分的に今巻で一番の点は、大人な小田先生がそこまで大人になりきれてないとこです!

別れたはずの新菜と勉強会の提案(もちろんマンツーマン)をしちゃったり、新菜が自分の失言でふてると「本気でめちゃくちゃ好きだったんだ!」とか痴話喧嘩しちゃったり。どうしても新菜が好きだ感が出てしまってるのがたまらなく愛しいです。

こう、大人な俺が一歩引いて・・・とか、経験ある俺が冷静に・・・みたいなことがどうしても出来きれない小田先生が、ああ本当に新菜が好きなんだなあって感じられる。いい男とは違うけど、可愛い男だ・・・。今作の新菜と小田先生、今までの作品で一番可愛い気がする(デザインもキャラクターも)

f:id:yokotogu:20181225155126j:plain

「NとS」1巻より引用
f:id:yokotogu:20181225155130j:plain
「NとS」1巻より引用

はいかわいい!! 百点!!

 

あと、少女漫画という単語にちょっと拒否感ある人にもバッチリおすすめです。作者が「ハレのちグゥ」の金田一蓮十郎先生だけあってコメディ要素バシバシです。笑いが入ってない話は無いといってもいいぐらい、ガンガン笑える作品になってます。今巻のオチも声出して笑いました。金田一蓮十郎だなぁ~って。

 

くっつきそうでくっつけないもどかしい二人を見たい人、キュンキュンしたい人、可愛い大人の男性が見たい人、笑いたい人にオススメです!

 

ぜひぜひ読んでみてください。

 


NとS(1) (デザートコミックス)
 

 

ついでに、同作者の「ゆうべはお楽しみでしたね」がU-Nextでドラマ化するので、そちらも興味があればどうぞ。