ヨコトグブログ

マンガのレビューやゲームの攻略、たまに料理の記事を上げてます。Vtuberになりたくてしょうがないおじさん。Twitterやってるのでフォローしてくれたら嬉しいです。

中田敦彦のYouTube大学を見て仏教を知りたい人が読むべき【仏教ガチ初心者】向け書籍

スポンサーリンク

どうもヨコヤマです。

僕が大好きなyoutubeチャンネルである『中田敦彦のYouTube大学』ついに仏教史の授業が行われました!

中田さんらしく日本の歴史における神道と仏教の繋がりや、日本仏教の特徴をわかりやすく説明してくれてる教育動画。マジで中学の時にこういう動画が欲しかった。

 

こちらがその動画↓


日本人の思想の源流【仏教と神道】〜前編〜仏教の歴史とは?

 

ただ動画はあくまで仏教と神道が日本史にどう関わってきたか、なのでもしかしたらこんな感想を持った方もいるかもしれません。

 

でも仏教の教えってどんななの?

 

ストレートに教えが知りたい。たまに葬式や通夜で坊さんから聞く「家族を大切にしなさい」「みんな敬いなさい」みたいなクソつまんねぇことじゃなくて、もっと面白い仏教についての事が聞きたい。

そこんとこを教えてくれよあっちゃん!

 

という方がいたかもしれない(僕はそうでした)ので、今回は『中田敦彦のYouTube大学』で仏教に興味が出た人が次に読むべき本をご紹介したいと思います。

 

あっちゃんみたいに一冊だけ!というわけにはいきませんでしたが、できるだけ少なく3冊を厳選しました。

多いよ!て方、どれか一つでも大丈夫です。一冊読めば知識無双できるので、どれかに興味が湧いてもらえればOKです。

では紹介していきます。

 

オススメ3冊

 

・蝉丸pのつれづれ仏教講座

 


蝉丸Pのつれづれ仏教講座
 

 

・もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら 

 


もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら
 

 

・ 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

 


史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (河出文庫 や 33-2)
 

 

「蝉丸pのつれずれ仏教講座」は『生活に関わる仏教や日本仏教、仏教史全部ドーン!』

「もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら」は『仏教史と教えの変化はこんなんだぞバーン!』

「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」は『いっそインドどころか東洋哲学の類似点と教え教えたるはガーン!』

て感じです。

 考えないでください、感じてください。

 

蝉丸pのつれずれ仏教講座

 
蝉丸Pのつれづれ仏教講座

 

内容紹介
ニコニコ動画で話題をさらった、蝉丸Pの「仏教講座」が堂々書籍化!

仏教は、ドラクエ・FFのような長編シリーズの歴史と同じように複雑!
仏教の宗派とは、原作と二次創作の関係?

僧職系男子・リアルな住職、略してリア住の蝉丸Pが、
普段、お年寄りの檀家さん相手には話せない、
ゲームやマンガ、ネットスラングを駆使した蝉丸Pにしか書けない仏教解説書を上梓!


そもそも宗教って何? 業とは? 煩悩とは? という基礎知識から仏教史、
また僧侶の食事、「坊主丸儲け」の真実、そして動画アップって怒られないの?
というみんな気になる疑問まで、あますところなく徹底解説。

 

アニメ・ゲームネタ、ネットスラング満載で仏教について解説してくれる1冊。堅苦しい雰囲気は全くなく、気軽に仏教に興味がある人に向けて分かりやすく解説してくれてます。

 

・宗教は社会におけるOSみたいなもの

・仏教がいっぱいあるのは原作と二次創作の関係

・仏壇=携帯電話

 

といった風に現代の私達に分かりやすいよう言い換えてくれてるのがありがたい。

 

個人的にこの本の中で好きなのは2章の『現代僧侶の基礎知識』。

坊主丸儲けって夢なんだな…とか、だいたい明治政府が悪い、みたいな世知辛さとやるせなさが感じられて好き。あと何だかんだお坊さんも社会人なんだなぁと。お坊さんが特権を持ってる!とか思ってる人なんかは2章を見ると目からウロコが落ちますよ。

 

 

もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら 


もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら
 

 

内容紹介
新進気鋭のパンクロッカーまなぶは、ふとしたきっかけで“仏教”と出会います。
はじめは難しさ、厳しさにとまどうのですが、まなぶが目指す
リアルパンクロッカーになるのに仏教が役立つことに気付きます。
主人公のまなぶと釈尊(釈迦)、龍樹、玄奘三蔵、最澄、空海、法然、日蓮
といった仏教界のスーパースターたちが殴り合いながら悟りの境地を
目指す青春物語。そしてパンク・スピリットと現代的な喩えで仏教の
思想・哲学・歴史を学べるまったく新しい仏教の入門書です。
ニコニコ動画の仏教講座で知られる“リア住”(リアル住職)こと、
真言宗大僧都の蝉丸Pも推薦。

(著者より)「教養として仏教を知っておきたい」
「仏教の大体のところを気軽に学びたい」という方のための、
肩のこらない入門書です。
これ一冊読んでおけば、日常会話での仏教トークは9割までカバーできると
思うので、気軽に知識を増やしたい大学生や社会人の方に特にオススメです。
本気で勉強したい人にも、最初の一歩として取っ掛かり易い一冊だと思います。

 

シド・ヴィシャスっぽいパンクロッカーが仏教界の偉人たちとボコボコに殴り合ったり馬糞を食わされたりしながら学んでいく青春仏教入門書。わけわかりませんネ。

ですが中身はキチンとしており、仏教がどんな具合にアップデートしていったのかが非常に分かりやすい作品となっています。

特に作者の方が宗教家や研究家というわけではないので、どれかの教えに偏ることなくフラットに書かれてるのが好印象。

 

・釈迦の悟りは「マジ全部どうでもいい」という境地

・龍樹は「悟りすらどうでもいい」

・極論の法然にハイパーエネルギー日蓮

 

こんな感じで簡略化しながらもストンと分かるような解説がされています。

 

特に自分が好きだったのは最澄と空海のくだり。まさか最澄があんなに萌キャラだったとは…。最澄たん必見です。

 

 

 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち


史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (河出文庫 や 33-2)
 

 

 内容紹介
最高の真理を求める男たちの闘い第2ラウンド! 古代インド哲学から日本の禅まで東洋の“知”が集結。真理は体験でのみ得られる!

 

『史上最強の哲学入門』の続編として書かれてますが前作を読んでなくても問題ありません。むしろこれを読んだら絶対前作も読みたいとなるはず。

 

こちらは仏教だけでなく東洋の哲学がまるごと紹介されています。

 

例えば、東洋哲学の特徴はピラミッド型であること。つまりワントップがまず最初にゴール(真理)に到達していて、そこから下に下に教えが拡がっていく。

その過程で色々な解釈が生まれ、例えば仏教教団だと上座部や大乗に分裂してしまったりする。

じゃあ純粋な教えとかないの?真理にたどり着けないじゃん!と心配しなくても大丈夫。

そこに向かう方法や道が違うだけで、真理があることに間違いはありません。

自分自身が史上最強になるために、

絶対ピラミッドの頂点に登るんだ! 天上天下唯我独尊!

 

と、表紙を描いた板垣恵介先生に引きずられるように中身は熱いものとなっています。

 

仏教以外にも中国の思想家についても詳しく紹介されているため、『中田敦彦のYouTube大学』の「諸子百家」編が好きな人はより一層楽しめるのでオススメです。

 

 

 

まとめ

 

Q、仏教全部を網羅したいなら?

A、蝉丸pのつれずれ仏教講座


蝉丸Pのつれづれ仏教講座
 

 

Q、仏教史を詳しく知りたいなら

A、もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら 


もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら
 

 

Q、仏教&東洋哲学を知りたいなら

A、史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち


史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (河出文庫 や 33-2)
 

 

 

以上、YouTube大学を見て仏教を知りたくなった人が次読むべき本の紹介でした。

いずれも入門書であるため大変読みやすくなっています。

好みに合う作品が見つかれば幸いです。一冊でも読めばあっちゃんがよく言う知識無双ができるので周りを見返したい人も是非。

最後まで読んでいただきありがとうございました! 少しでも興味が湧いたら幸いです!