ヨコトグブログ

マンガのレビューやゲームの攻略、たまに料理の記事を上げてます。Vtuberになりたくてしょうがないおじさん。Twitterやってるのでフォローしてくれたら嬉しいです。

【アルコール依存症】飲酒量低減薬 「セリンクロ」服用した感想

スポンサーリンク

どうもヨコヤマトグチです。

自分はプロフィールに書いている通り、アルコール依存症の治療のために病院へ通っています。

そしてこの間「セリンクロ」という新しい薬が処方されたので、服用した感想を書いてみたいと思います。

 

 

「セリンクロ」って何?

 

本剤は、飲酒の1~2時間前に服用することで、中枢神経系に広く存在するオピオイド受容体調節作用を介して飲酒欲求を抑え、アルコール依存症患者さんの飲酒量を低減する薬剤です

 

www.otsuka.co.jp

 

オピオイド受容体なんて言われてもよくわかりませんがお医者さんの説明では、

「アルコールで満足を感じるボタンが固くなってるから、それを半押しして満足しやすくさせてくれる薬」

とのこと。

 

断酒薬や抗酒薬のように気持ち悪くさせて断酒させる薬ではなく、あくまでお酒の量を減らすための薬。

つまり節酒を目的とした薬です。

 

どんな人が服用するの?

 

  • アルコール依存症と診断された方
  • 断酒ではなく飲酒量を減らすことが目的の方
  • 大量飲酒が習慣の方
  • お酒を飲む量を減らしたい方

 

そして

  • アルコール離脱症状の緊急治療が必要では無い方

 

バッチバチにアルコール依存症で、生活までアルコールに呑まれている方にはあまり向かないようです。

 

服用した感想

服用は飲酒する1~2時間前にしてください。

結論ですが、僕はメチャクチャ効きましたがかなり気持ち悪くなってしまいました。

 

効き方に関しては以下の感じ。

 

いつもはお酒を飲む時間になっても「別に飲まんでもええな」って感じで余裕でした。

そのおかげで飲酒せずに寝れたんですが、夜中に目が覚めてしまう。

そしてトイレへ直行。嘔吐してしまいました。

この時点で薬が効いてるボーッとした感じがあり、お酒を飲みたいとは思いませんでしたが嘔吐感が止まらない。

そのせいで何度も起きてトイレ→嘔吐を繰り返してしまいました。

効き目は12時間ぐらい。かなり辛かったです。

 

そして以下がセリンクロを初めて飲んだ時のツイートです。

 

 

後日お医者さんに相談したところ、やはり副作用で気持ち悪くなることもあるそうです。

「半錠で利用してみますか?」と聞かれましたが、あの嘔吐感が怖くて服用は断りました。

個人差があるのでなんとも言えませんが、私個人としては合わない薬だったようです。

しかしセリンクロ服用時の「飲まんでええわ」という感覚は得難いものだったなと思います。自分には合いませんでしたが、合う人にとっては節酒のための強い味方になると思います。

 

 
ちなみにこないだ中島らものアマニタ・パンセリナを読んでると「忘我の感覚」というフレーズがあって、少しこの感覚分かるかもと思いました。何でとは言いませんが。ちょっと読んだ人でセリンクロ飲んだ人いたら感想ください。
 
こちらの記事もどうぞ↓