ヨコトグブログ

マンガ/ボドゲ/Vtuber ここらへんが大好き! 気に入ったもののレビューやまとめを挙げていきます!

【本】『村上レシピ』お洒落がにじみ出た村上春樹作品のレシピ本【感想レビュー】

スポンサーリンク

 

商品説明
羊男の登場にとまどいながら、ネズミの父親の別荘で作るたらことバターのスパゲティー(『羊をめぐる冒険』)、赤坂警察から釈放され、ユキと一緒にまともな店で食べるロースト・ビーフのサンドイッチ(『ダンス・ダンス・ダンス (上)』)などなど、村上春樹の小説は「レシピの宝庫」だ。
本書は村上作品の食に関する描写、厳選した35点のレシピ、そして『ダンス・ダンス・ダンス』にも登場する紀ノ国屋青山店や天ぷらつる岡などについての食のコラムで構成されている。著者は料理研究家、写真家、イラストレーター、心理学者らからなる「台所でよむ村上春樹の会」の創設者。『ねじまき鳥クロニクル』を読んでスパゲティーを食べたくなった経験の持ち主だという。

紹介されているレシピはごくごくシンプルで、レシピを見なくても作れそうな気がしないでもないが、食材と細部へのこだわりは並々ならぬものがある。
食は文化。本書のレシピ通りに料理を再現したり、引き合いに出されているお店を訪ねて初めて、村上作品の真の良さが理解できるのかもしれない。読んで見て味わって楽しめる1冊。(野澤敦子)

 

シンプル故に美味そうなたらこバターのスパゲティーから、ホットケーキのコカ・コーラがけみたいな「うえー」な料理まで収録された、ハルキストならず料理好きに読んでほしい一冊。

 

実際自分は『風の歌を聴け』しか読んでません。

ハルキストとはこれっぽっちも言えない存在ですが、この本は何度も読み返したくなるぐらい好きです。

何故ならこの本、やたらめったらお洒落なんです。

 

 

 

写真がお洒落

 

特にお気に入りが写真。

 

f:id:yokotogu:20210215170501j:plain

f:id:yokotogu:20210215170505j:plain

 

こちらはレシピ本なので、もちろん料理の写真も載ってます。

それが普通のレシピ本とは違う。こう「シンプルでやってます」「気取らずやってます」が透けて見える写真。

「シンプル」「気取らず」なんて目に見えないし、実際悟られちゃダメなもんを「これでもか!」ってほど押し付けてくる写真郡。

悪く聞こえたらすいませんが、無印良品的な世界観を150Kmで顔面にぶん投げてくる感じです。僕は好きです。

 

 

チョイスしてる料理がお洒落

 

紹介されてるレシピですが、小説を元にしてるためやたら長い前書きが付いてます。

  • ユキの母親に会いに行ったハワイで、晩ご飯に食べようとする まともなハンバーガー
  • ミコノス島住まいの管理人から借りた七輪を使って焼く 油抜きの焼き魚
  • ビールにふさわしいビーチボーイズ「カリフォルニア・ガールズ」

 

あーもううるせー!!

スッと「ハンバーガー」とは言わず「まともなハンバーガー」。

「焼き魚」ではなく「油抜きの焼き魚」。しかもミコノス島住まいの管理人から借りた、と注釈。なんだそれ。管理人から借りた、でいいじゃん。ミコノス島、いる?

 

最後のビーチボーイズ「カリフォルニア・ガールズ」に至っては食材じゃなくてレコード。

しかもご丁寧なことに材料に

  • ビーチボーイズ「カリフォルニア・ガールズ」
  • 籐の椅子
  • 缶ビール
  • チーズ・クラッカー
  • フローベルの『感情教育』

この後作り方として、どういう状況でどういう風にビーチ・ボーイズをかけろまで書いてある。うるせー。

 

 

全てお洒落

 

ちょいちょい引用されてる村上春樹の文章もお洒落。

それからどうなる? ボクはサンドウィッチのわきについたピックルスをかじり、ウィスキーを一口飲んだ。無意味だ、と僕は思った。

「双子と沈んだ大陸」

ピックルスを食べてウィスキーを飲んで無意味だと思う僕。自分は村上春樹作品全然読んでないんで前後がわかりませんが、IKEAとか北欧家具に憧れてる人に刺さりそうな文章だと勝手に思いました。

 

僕は断言しますがこの本大好きです。

レシピはシンプルでわかりやすいし再現しやすい。

時折挟まれてるコラムも、村上春樹と食事を上手に結びつけてる。

ファンブックとしていい本です。ただちょっとお洒落が殴りかかってきてるだけで。

  • 村上春樹作品を好きな人
  • 特に食事描写が好きな人
  • トリコとかジブリの食事シーンが好きな人

こんな人にオススメな一冊でした。

是非お洒落にぶん殴られてください。